助かるはずだった我が子の死を悲しむ両親

救急告示しているのに受け入れ拒否されるという医療の矛盾

東京から東北自動車道で一時間。茨城県境に近い埼玉県幸手市でオートバイ販売会社を経営する夫妻(ともに二十九歳。年齢は新聞掲載当時。以下同)は、寒く、長かったあの夜を、昨日のことのように思い出す。一九九七年十月二十五日、二女楓ちゃんは、出産予定日より二か月早く生まれた。千五百七十六グラムの未熟児だったが、高度な設備の整った埼玉県立小児医療センター(岩槻市)で治療を受け、翌九八年一月六日に退院した。悲劇が起きたのは二十二日の夜。

この日の午前中、夫妻は生後二か月の楓ちゃんを抱いて、「お陰でこんなに元気になりました」とセンターへ報告に行った。世話になった主治医や看護婦たちは「もう大丈夫だね」と喜んでくれた。ミルクを飲んで午後八時半ごろ寝た楓ちゃんの異状に、母親が気づいたのは九時過ぎ。顔色は青白く、ほおをたたいても反応がない。慌てて楓ちゃんの口に口を当てて人工呼吸を試みると、ミルクを吐き出した。すぐにセンターに電話。看護婦から「救急車を呼んで、こちらに搬送してもらって」と言われ、一一九番通報した。

二分後の九時二十三分、近くの幸手消防署から救急車が到着した。すでに脈や呼吸はなく、「心肺停止状態」と判断された。父親は「センターに連れていって」と頼んだ。だが、センターまで約二十キロ。夜間の時間帯でも、ゆうに二十分以上かかる。「もっと近くの病院を探します」と隊員は答え、車内に運び込んだ楓ちゃんに心臓マッサージをする一方、消防署は受け入れ病院を探した。しかし、自宅から十分以内の距離にある救急病院の四か所から「小児科医が不在」などと、次々と断られた。
前にちょっと八重洲 衝撃でむちうちになってしまったのをきちんと治療していなかったせいで悪化してしまいました。でも、整骨院に行くと痛みが和らぐんですね。もっと早く来るべきでした。
街のほとんどが住宅街となっているのどかな三鷹に本格的マッサージ屋さんが新しくオープンしたので、ご近所の人たちも利用しているようです。評判はかなり良いみたいですね。
来店型ではなく、自宅や喫茶店まで来て相談にのってもらえる訪問型の保険無料相談を探していて、保険 お気軽無料相談で商品券保険スペースを見つけました。
友達に紹介されて、仕上がり完璧医療脱毛 新宿脱毛サロンに行ってきました。紹介だったので、料金が安くなり、通常よりも通いやすかったのでお得でしたね。かなり安くなりました。


新着記事
2014/08/20 オススメ記事を更新しました。
2014/08/16 新着記事を更新しました。
2014/08/15 子どもの処置を更新しました。
2014/08/12 病院の矛盾を更新しました。
2014/08/10 小児科医の悪循環を更新しました。
2014/08/08 時間の浪費を更新しました。
2014/08/07 救急告示しているのに受け入れ拒否されるという医療の矛盾を更新しました。
2014/08/04 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
看護roo!(カンゴルー)転職サポートe-ナース看護師求人のナイチンゲール
首都圏、関西、東海の厳選された病院のみの看護師求人サイトです。20年の実績があり、全国の医療機関の看護師求人採用をサポートするサイトです。資格・勤務地などご希望の条件から看護師求人を探せるサイトです。